DQNネームをつけたババアに美人ママがスカっと反論!

嫁と子供と買い物に行って、嫁は買い物、俺は子供 を連れてキッズコーナーで遊んでた。 
そこのキッズコーナーは休憩所も兼ねていて、結構美人な妊婦さんと上沼恵美子みたいなババアがベンチに座って話していた。
 
話してたと言っても上沼恵美子似が美人さんに向かって 一方的に喋っていたようなもんだが、
それなりになごやかに話は進行しているように見えた。 
二人の話はお互いの子供の話へと進み、名前の話になっていった。 

上「あなたの子供の名前は?」 
美「礼儀の礼に子で、礼子(仮名)といいます。」 
上「礼子っ!?今時の若い人にしてはまた地味な名 前ねぇ。」 
美「え?・・・」 
上「おばちゃんみたいな名前つけちゃダメよー、ん で、何歳なの?」 
美「・・・6歳ですけど」 
上「あらっ、うちの子と同じだわー。高齢出産で産んだんだけどね、 外国でも通用するようにって、シャルル(仮 名)って名前なのよ。 漢字は・・(詳細失念)って書くんだけど、これからは国際化の時代で ウンタラカンタラ・・・・」

それからもババアの国際化がどーだ、礼子なんて昔 の名前だ、それに全然今風じゃない、それに引き替えうちの子の名前は可愛くておまけにすごく良い子で 自慢じゃないけど顔も可愛いと思うのよ等と上機嫌 でずっと暴言を吐いていた。

美人さんの相づちは少なくなり、顔も強ばっている ように見えた。 

スポンサードリンク

ババアが「あれがうちの子なんだけどね。」と指差した子供はさっきから自販機のボタンに悪戯しまくっていた、限りなくウンコに似た感じの女の子。
それからもババアは 子供は野放しでずっと喋り続けたが、あきらかに美 人さんはむかついているようだった。

それからしばらくして、
「お母さーん」
と子供の声 が聞こえ口ひげを生やした外人さん と、ものすごく可愛い女の子(もうほんとアイドル 並)が小走りに美人さんに駆け寄って来た。

ババアはその子を見て「え!?」という様な顔にな り、外人の旦那さんを見て「しまった!」 という様な顔になった。

そこで美人さんが一言。 
自分の生まれた国の言葉や文化を蔑ろにする方 に、国際化っていうのは難しいんじゃないですか?
私、去年アメリカから帰ってきたばっ かりですけど、あちらでは躾がなってない子供はレストランにも入れないんですよ。国際化とかなんとかって言う前にあなたには まだやるべきことがあるんじゃないですか?」
 
とはっきり言い切って家族三人英語で会話しながら 帰って行きました。

 



スポンサードリンク

                  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)